ぎっくり腰の原因は疲れやストレス?腰痛を軽減する一番の方法は?

 

 

今日もお元気ですか!?たきろく整体院の大平です。

 

 

腰痛の経験はございますか?

若い人や元気な人には無縁にも思えますが

ちょっとしたことで誰しもが腰痛になりえるんですよ!

 

やっぱり一番怖いのは『ぎっくり腰』ですよね・・・

 

 

Sponsored Link

 

 

ぎっくり腰は誰にでも突然やってくる?

 

ぎっくり腰突然なるものと考える方も多いと思いますが

実はそうではないんですよ。

 

 

日々のクセや負担の蓄積が原因

 

 

何か重いものを持ちあげたから『ぎっくり腰』になった!

 

もちろん、重い物を持ちあげた負担が腰にきたのは間違いありませんが

それはあくまできっかけなんです。

 

それ以前から仕事などでの様々な動きからの負担

普段からの立ち姿勢や座り方の重心のかけ方

体の使い方人それぞれのクセなど

 

 

様々な小さい負担から歪(ひずみ)が生じているんです。

 

 

ただ立つということにしても、重心が真ん中の状態で

真っすぐ立ち続けているでしょうか?

 

何かの拍子に右足や左足に重心がかかったりしませんか?

 

椅子に座っているだけでも同じです。

右側、もしくは左側に重心をかけて座ったりしていないでしょうか?

 

そういった普段の行動やクセ身体をを歪ませてしまい

その結果、何かのきっかけの際にぎっくり腰になってしまうんです。

 

もし、1年に何度もぎっくり腰を発症してしまう方は

一度整体に行かれることをおすすめします。

 

身体のゆがみを矯正すれば、発症率をぐんと抑えることが可能です。

 

 

ぎっくり腰ってつまりどういうこと?

 

 

「ぎっくり腰」と呼ばれていますが正確には

 

 

「歪みによる全身の筋疲労」です。

コレが原因でいわゆるぎっくり腰になるんですね。

 

 

腰椎捻挫(ようついねんざ)

ヘルニア

筋筋膜性腰痛症

 

実は全て「ギックリ腰」なんですね。

 

ほとんどの人が腰を痛めて(ぎっくり腰)くる場合

筋筋膜性腰痛症である場合がほとんどです。

 

 

筋筋膜性腰痛症とは

 

筋肉長時間に渡り緊張状態が続いたり、

損傷によって起こる腰痛のことです。

 

スポーツやお仕事などで無理な姿勢を続けたり

急激な負荷が腰にかかってしまい筋肉が損傷し腰痛になってしまう。

 

ギックリ腰で困っているほとんどの人がこの

筋筋膜性腰痛症なんですね。

 

 

ぎっくり腰ってどういう症状なの?

 

・何か重い物を持ちあげた瞬間

・重い物を下におろそうとした時

・椅子から立ち上がろうとした時

・くしゃみをしただけで・・・

 

人によってはいろいろなパターンで突然ガクンとやってきます。

 

欧米ではぎっくり腰のことを魔女の一撃と呼ばれれております。

人知を超える力が腰に突然ダメージを与える。そんなイメージでしょうか(笑)

 

ぎっくり腰になると立ち上がって体を支えることができなくなります

杖をついていなければ立っていられない状態です。

おそらく、杖をついていても立っている状態をキープすることは

とても辛いと思います。

 

腰というのは体を中心で支える大事な部分であり

腰が悪いと人間の行動できる範囲がとても狭くなってしまいます。

 

極端な話、腕の骨が折れていても歩くことはできます。

足の骨が折れていても松葉杖で歩行することは可能ですが

ぎっくり腰の場合は歩いて移動することすら不可能なんです。

 

これはとても恐ろしいことで、

 

・大事な仕事に行けなくなる

・買い物など外に出かけられない

・ベットに寝るのも苦痛であり起き上がるのも一苦労

・何よりもトイレに行くことが命がけ

 

など、生活自体が脅かされてしまうんですね・・・

 

 

ぎっくり腰になったらまずどうするべきか

 

 

急に腰が痛くなってしまった場合、

正直な話、病院には行きたくない!という人が多いです。

 

病院は様々な患者さんがおり、どうしても長時間待たされかねません

待たされるだけで腰痛が悪化しかねませんよね・・・

 

もし、当院にご来院できるようでしたら

直接症状を確認した上で、病院の整形外科に行くべき

それとも整体にて治療していけるものなのかすぐに判断できます。

 

病院の整形外科に行くべきが整体に行くべきかで

お悩みでしたらお気軽ご相談下さい

 

 

骨や靱帯に問題が無く、ヘルニアでも無い場合でしたら

「整体」で改善が見込めます!

 

整体にて施術を受けてもすぐのすぐに改善されるわけではありませんが

幾分か楽な状態に持っていくことは可能であり

その後の状態回復も通常より早くなりますよ!

 

 

腰痛は冷やすべき?温めるべき?

 

Sponsored Link

 

よく筋肉痛などが起きた時、「冷やすといい」という人もいれば

いや「あたためるべきだ」という人もいてどちらか迷ったりしませんか?

 

 

冷やすという行為は確かに痛みがひきやすいです。

ですが、それは患部が麻痺しているだけであり

痛みの元が治ったわけではありません。

 

ですが、冷やすことにより血管が収縮し、

そこから温めることで血流が激しくなり回復速度が上がる

という話もあります。

 

 

逆に温めると体に備わった自己修復機能が働き

痛みが増してしまいなんて話も・・・

しかし、痛みの原因を治そうと働いており

回復を早めてくれるとも聞きます。

 

 

ですが、実際は両方とも特に効果はありません

 

これだけ「冷やす方が良い」「温めるべきだ」という論争が起きるのも

人によって効いている気がするというプラシーボ(思い込み)

働いているのかもしれませんね。

 

 

寝ているだけも実はよくない

 

様々な患者さんを診てきましたが、

実は安静にしているだけも良くないです。

 

動ける範囲で多少は腰が痛くても移動したりして

体を動かした方が、その時は辛いのですが

次の日は楽になったという声も聴いております。

 

ただし、無理をするのはよくありませんよ。

 

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

 

腰痛やぎっくり腰の予防法とは?自宅で手軽に誰でもできる?

ロードバイクや自転車で腰痛を改善できる?その理由と効果とは

転倒や事故なぜか足がつまづく理由は病気?メカノレセプターとは?

寝すぎで腰や背中が痛い!寝不足よりも身体に悪いって本当?

 

腰痛というのは実際に経験してみないと

恐ろしさというのは実感できないものです。

 

一度腰をやってしまうとクセになってしまう方も多く

たくさんの方が悩まれております。

 

この情報が少しでも役立てられたなら幸いです。

 

・ぎっくり腰の原因は身体のゆがみ

・身体のゆがみは普段の生活や身体の使い方のクセが原因であることが多い

・寝ているだけでなく多少は動いた方が早く治りやすい

 

身体の痛みや悩み、記事を読んでのご相談など気になられた方は

お気軽にご連絡下さい!

たきろく整体院に相談してみる ← クリックで電話します。

たきろく整体院に興味をお持ちの方はコチラ

 


コメントを残す