寝すぎで腰や背中が痛い!寝不足よりも身体に悪いって本当?

 

 

今日もお元気ですか?!たきろく整体院の大平です!

 

 

せわしない現代社会

 

やらなければならない事が多く

睡眠不足が指摘されておりますが

 

中にはセカンドライフを楽しまれている方

定年を迎えた方たまの休みは家にこもる方など

寝すぎも身体に良くないのを

ご存知でしょうか?

 

今回は寝すぎから来る身体のゆがみや痛みなど

ご紹介いたします。

 

 

Sponsored Link

 

 

寝すぎは寝不足よりも身体に悪い

 

 

寝不足は身体に悪いというのは

皆さんご存知かと思います。

 

疲れた時はぐっすり眠って解消!

 

 

しかし!

 

 

実は寝すぎも身体によくありません!

 

 

寝すぎるとなぜ身体に悪いのか?

 

 

 

寝たら身体の疲れがとれるものじゃないの?

 

もちろん正解です!

 

ですが、睡眠時間7~8時間の場合です。

 

9時間以上寝てしまうのも

実は身体によくありません

 

寝ている時は多少寝返りはするものの

姿勢的には同じ状態が多いんです。

 

仕事中に疲れてくるとこまめに人は

自分の姿勢を変えるものです。

 

ですが寝ている場合は起きている時にくらべ

姿勢を変えるのは30%以下と言われます。

 

起きている時にずっと同じ姿勢でいるのは辛いものです。

 

ですが、寝ている時は辛い姿勢であっても

起きている時ほど姿勢を変えたりはしないんです。

 

ですから寝すぎるということは

 

背中や腰に負担がかかり

 

痛みを惹き起こす原因にもなりうるんですよ!

 

 

背中が痛い時は要注意!

 

 

身体が痛い時に

 

 

「よし!整体へ行こう!」

 

 

と考えて頂けることは我々にとって

とても嬉しいことです!

 

ですが、

 

背中が痛い時というのは

実はとても怖いことでもあります。

 

背中の痛みというのは筋肉やスジの痛みの場合もあります。

 

しかし、背中が痛い時というのは

大変な病気のサインである可能性もあるんです。

 

 

背中側にある臓器沈黙の臓器と呼ばれることも多く

重症になってから痛みが発症する場合があり、

我々ではわかりかねる場合もあるんです。

 

 

背中が痛い場合の病気

 

 

背中の右側が痛む場合の病気

・肝臓ガン

・肝炎

・胆石症

・胆のう炎

 

背中の左側が痛む場合の病気

・すい臓がん

・すい炎

・胃炎

・心筋梗塞

 

背中がいつもと違い痛い、おかしいと感じた場合

まず病院で診察されることをオススメ

いたします。

 

病気ではないことがわかりましたら

私たちがお手伝いさせて頂きます。

 

 

Sponsored Link

 

 

背骨のインナーマッスル多裂筋

 

背中の痛み腰痛に対して

緩和効果のある筋肉をご紹介します!

 

多裂筋です。

 

 

よく体幹トレーニングという言葉を

最近、耳にすることが多いですが

 

この多裂筋はその体幹の中核でもあり

背骨の周りについている筋肉と覚えて下さい。

 

 

多裂筋の特徴は、

脊椎と脊椎同士を連結させ、

安定を保つ働きをしています。

 

さらには腰の筋肉へと続いており

腰痛などの軽減にも効果を及ぼすほどの

筋肉なんですね。

 

多裂筋は、体幹の回旋時に作用する筋として知られており、

多裂筋をストレッチしたりトレーニングすることは、

ゴルフテニスなどの回旋運動するスポーツにおいて、

怪我や腰痛予防にも非常に重要なんですよ!

 

 

多裂筋で腰のコルセットを作る

 

 

多裂筋は背骨まわりを通じて様々な筋肉と繋がっています

胸腰筋膜を介して腹横筋と連結していて

多裂筋が働くと同時に骨盤底筋群が収縮します。

 

つまり多裂筋が鍛えられる背中だけでなく

腰回りの筋肉も同時に鍛えられるんです。

 

そもそもなぜ腰が痛くなるのかといえば

強固な骨や靭帯が少ない箇所のため

つまりは筋肉で支えている部分が多いんです。

 

逆に筋肉を鍛えることで腰回りがしっかり支えられ

「腰のコルセット」としての役割を担ってくれます。

 

これらを理解した上で

ストレッチやトレーニングを行えば

背中の痛みや腰痛を軽減する効果が期待できますよ。

 

 

背中の痛みを和らげる効果的な体操

 

 

背中の痛みを和らげる体操

 

うつぶせゆらゆら体操

 

を動画にてご説明いたします。

 

 

 

寝すぎから来る腰痛のストレッチ

 

日曜日の朝など、ついつい多めに寝てしまうことも。

それも必要なことでもありますが

寝すぎた朝に腰に違和感を感じたら原因は寝すぎかもしれません。

 

腰痛に関するストレッチはこちらでご紹介しています。

よろしければご覧ください。

 

腰痛やぎっくり腰の予防法とは?自宅で手軽に誰でもできる?

 

寝すぎから来るその他の弊害

 

 

身体の痛みだけに限らず

他にも恐ろしいことを招くのを

ご存知でしょうか?

 

寝すぎると太りやすくなる

 

日々、9時間以上眠る人は8時間以下の人に比べ

1週間で5キロ前後太る可能性があるそうです。

 

寝すぎると成長ホルモンの分泌が乱れてしまい

脂肪を燃やすホルモンなどが通常通り機能しなくなってしまいます。

 

 

寝すぎると頭痛がひどくなる

 

寝起きで頭がパッと冴えることもあれば

ボ~ッとしてしまう時などあります。

 

特に寝すぎると脳の血管が広がりすぎてしまい

神経伝達物質がたくさん刺激されてしまうためです。

 

 

寝すぎるとうつがひどくなる

 

正確には違うのですが、寝すぎてしまうと

太陽を浴びるチャンスが減ってしまう

からです。

 

太陽を浴びることでセロトニンという脳内物質が

分泌されるからです。セロトニンはうつを抑制する力があるんですよ。

 

 

寝すぎると認知症を招く恐れ

 

たくさん寝すぎてしまうと脳の老化を招いてしまいます。

実際に記憶力と物事を決める意思決定能力が低下するという

研究結果が出ております。

 

 

寝すぎは糖尿病になる恐れ

 

こちらも研究結果で証明されております。

9時間以上眠る人は7~8時間眠る人よりも

3.6倍の確率で糖尿病を発症しています。

 

ちなみに5時間以下の睡眠時間の人は

通常よりも2.6倍の確率で発症しているそうです・・・

 

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

 

ぎっくり腰の原因は疲れやストレス?腰痛を軽減する一番の方法は?

ロードバイクや自転車で腰痛を改善できる?その理由と効果とは

 

いかがでしたでしょうか。

 

たくさん寝るというのは身体に良いと勘違いされている人も多いです。

適切な睡眠時間で身体を健康に保つことが大切ですね。

背中や腰など痛みを誘発することもありますので注意が必要です。

 

・寝不足よりも寝すぎの方が身体に悪い

・背中の痛みはまず病院で診察を受けることをオススメします

・背中の痛みもストレッチで軽減することが可能

 

身体の痛みや悩み、記事を読んでのご相談など気になられた方は

お気軽にご連絡下さい!

たきろく整体院に相談してみる ← クリックで電話します。

たきろく整体院に興味をお持ちの方はコチラ


コメントを残す