ロードバイクや自転車で腰痛を改善できる?その理由と効果とは

 

 

今日もお元気ですか?!たきろく整体院の大平です!

 

 

実は私、自転車に乗るのが好きです。

 

ここだけの話ですが・・・

ロードバイクで通勤してるんです・・・

 

 

 

え?バレバレ?(笑)

 

整体院の真ん前に駐輪してます(笑)

 

 

自宅から整体院までの短い往復距離ですが(笑)

一応、毎日自転車通勤してます。

 

週に1回、もしくは月に1,2回ほど

荒川に出て軽く走る程度です。

 

今回、なぜ自転車の話をするかというと・・・

 

 

Sponsored Link

 

 

腰痛が慢性化している人には自転車がオススメ

 

 

多くの人が腰痛で悩んでいらっしゃると思います。

 

慢性化した腰痛もイヤですし、

 

突如として襲い来る

ギックリ腰に怯え暮らす人も多いです。

 

かといって、いわゆる

腹筋などで身体を鍛える時間も無い

 

何よりも腹筋で腰に負荷がかかり

腰痛やギックリを招きかねない・・・

 

鍛えたいけど、

身体を壊しては元も子もありません。

 

 

・運動する時間が無い

・食事を制限するとストレスたまる

・鍛える過程で腰痛になる恐れ

 

 

 

じゃあ一体どうすればいいの?!

 

 

そこで自転車の登場です。

 

 

腰痛の予防や改善に自転車は最適!

 

 

そもそも、腰痛の原因

下半身にあることが多いんです。

 

もちろん腹筋や背筋が弱いせいで

腰痛に影響も与えてはいますが

 

下半身体幹鍛えることで

腰痛やギックリ腰が大幅に改善できます。

 

 

何よりも自転車というのは

様々なスポーツの中でも地面から足が浮いている

数少ないスポーツです。

 

ジョギングなどでも継続できれば

身体を鍛えて腰痛改善も可能なのですが、

 

腰痛慢性化している人や

ギックリ予備軍の方々は

 

ジョギングをすることで足を着地した衝撃

ダイレクトに腰に行ってしまい

長続きすることが無理なんです。

 

その点、自転車は自分の足の代わりに

車輪が地面を掴んでくれており

 

腰への振動を抑えてくれるからです。

 

 

腰痛改善に必要な筋肉を効果的に鍛えることが可能

 

 

自転車が前に進むにはペダルを回す必要があります。

 

ペダルを回すには足や下半身の筋肉が必要です。

 

さらに、自転車のハンドルを手でにぎると

姿勢が前重心になります。

自然と腕立て伏せのような姿勢になり

体幹も鍛えてくれるというわけです。

 

 

ジョギング腹筋運動

寝転がって足を垂直に上げる下腹部を鍛える運動も

全て腰を使ってしまいます

 

自転車ほど腰に負担をあまりかけず

下半身や体幹を鍛えるのにBESTなものは無いんです。

 

 

なぜ下半身を鍛えると腰痛改善につながるのか

 

 

筋肉を鍛える下半身が硬くなって

余計に腰に響くのではないか?

 

そう誤解される人もいますがです。

 

筋肉やスジというのは使えば使うほど

伸び縮みを繰り返すことで柔らかくしなやかに変化します。

 

使わずに放置すればガチガチに固まってしまいます。

 

例えば上にジャンプして下に着地する際に

足の筋肉が硬いのと柔らかいのでは

どちらが腰に負担がかかるでしょうか?

 

筋肉が硬ければ

着地の衝撃がモロに腰に伝わってしまいます。

 

ですが柔らかく伸び縮みする筋肉ならば

着地の衝撃を逃がし腰への負担は少ないんです。

 

つまりは下半身の筋肉を使うことで

普段の生活での徒歩からして

腰痛への負担度が違うわけなんですね。

 

 

Sponsored Link

 

 

腰痛改善に繋がる自転車の乗り方

 

腰痛の改善や予防に自転車がいい

とは言いましたが、

 

やみくもに自転車に乗っても

あまり効果はありません

 

 

スポーツ自転車がオススメ

 

 

できればロードバイクやクロスバイクなど

スポーツ自転車に乗ることをオススメします。

 

 

もちろんカッコいいから!

 

 

というのもありますが

ちゃんと理由があるんですよ。

 

 

前傾姿勢で前重心

 

 

ロードに乗ったことが無い人は

最初に前傾姿勢すぎて怖いという人もいます。

 

もちろんスピードを楽に出すための知恵なのですが

腰痛改善にとって大切な

 

体幹(たいかん)

 

鍛えることができる要素でもあるんです。

 

ただ、ロードバイクに乗っているだけで

腕立てキープをしているような効果を

得ることができるんです。

 

前傾姿勢は腰に負担がかかるんじゃないか?

 

そんな方にはハンドルを握った状態

ヒジを内側に寄せてみて下さい。

 

ヒジを寄せることで上半身を支えることができ

腰への負担が和らぎます。お試し下さい!

 

 

ビンディングペダル

 

 

 

び、びるでぃんぐ?

 

 

違います(笑)

ビンディングペダルというのは

自転車のペダルと自分の足を固定してくれます。

 

一般の人は足を固定する意味がわからない人もいると思います。

 

いつも自転車に乗ってペダルを回す時は

足を上から下へ力を入れていると思います。

 

ですが足を固定すると、さらに

下から上へ足を引き上げることができるんです。

 

引き足と言うのですが

固定することにより上から下へ

そして下から上へ力を加えることにより

通常の2倍の力でペダルを回すことが可能になるんです。

 

おぉ~スゴーイ♪

 

足を下へ踏み込む動作ももの裏ふくらはぎなど使います。

 

 

足を上に引く動作引き足腸腰筋を使うんです

 

 

ひざ腰の高さまで90度以上動かすことで

腸腰筋を使うことができます。

 

ロードバイクはサドルが高い為ペダルを回すだけ

下半身の裏側の筋肉

腸腰筋を使って鍛えることができるんです。

 

股関節を曲げるだけでなく

背骨を左右から支えて安定させる効果もあるんですよ!

 

腸腰筋 = 腰を安定させる筋肉

 

 

これはウォーキングやジョギングでは

股関節を曲げるのに多少は働きますが

歩行くらいではほとんど使われません。

 

 

高価な買い物だからこそ続く

 

 

普通の自転車は1万円もあれば買えると思います。

しかしロードバイク安くても5~10万はします。

クロスバイクでも5万ほどでしょうか。

 

高価だからこそ、

 

 

「の、乗らなきゃ」

 

 

という気持ちにもなるもの。

 

一番いいのは電車通勤などを

自転車通勤に変えることができる人なら

変えてみてはいかがでしょうか?

 

都会であれば、電車よりも自転車の方が

速かったりするものなんですよ。

 

自転車通勤することで

 

 

・腰痛の改善と予防

・お金を節約

・ダイエット

 

 

 

様々な特典もついてきます♪

 

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

 

ぎっくり腰の原因は疲れやストレス?腰痛を軽減する一番の方法は?

寝すぎで腰や背中が痛い!寝不足よりも身体に悪いって本当?

ケガは応急処置の仕方で早く治る?RICE処置ってなに?

 

いかがでしたでしょうか。

 

自転車に乗りながら腰痛の改善と予防が出来てしまうなんて

現代らしい効率の良い方法ではないでしょうか。

趣味にまで発展する人も多いんですよ!お試し下さい♪

 

・腰痛改善には自転車が最適

筋肉を使うことで腰への負担が和らぐ

・自転車を通じて様々な効果も得られる

 

身体の痛みや悩み、記事を読んでのご相談など気になられた方は

お気軽にご連絡下さい!

たきろく整体院に相談してみる ← クリックで電話します。

たきろく整体院に興味をお持ちの方はコチラ


コメントを残す