羽生結弦の足首の怪我とは?足首捻挫の恐ろしさと予防法!

 

 

今日もお元気ですか?!たきろく整体院の大平です!

 

 

スポーツをやられている方に最も多いと言われる

 

足関節外側靭帯損傷

 

最近では、フィギュアスケート羽生結弦選手も

オリンピック前にジャンプの着地でケガをしてしまいました。

 

足関節外側靭帯損傷になった時の治し方

今後の付き合い方、このケガを起こさない為の注意点など

ご紹介したいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

足関節外側靭帯損傷とは

 

足関節外側靭帯損傷とは簡単に説明しますと

 

足首を内側へ捻ってしまった捻挫

 

軽いものから重い症状まであるのですが

足首を捻った際に足首の靭帯までも損傷してしまうほど

派手に捻ってしまった症状を足関節外側靭帯損傷と言います。

 

ほとんどの場合が足首を内側に捻ってしまい

足首の外側の靭帯が損傷することが多いです。

 

 

足首?どんな怪我なの?

 

子供の頃など遊んでいたりして足首を内側へ捻った経験ありませんか?

内側へ「グキッ」と捻ることは実はよくあるんです。

 

 

スポーツ選手に多い怪我

 

 

サッカーやバスケットボール、バレーボールなど

ジャンプする機会が多いスポーツ選手に多い怪我なんです。

 

ジャンプ後の着地の際に誤って人の足の上に着地したり

空中でスポーツに意識が集中しすぎてしまい着地失敗したり

 

その時の状況によって怪我の状態も大きく変わってきます。

 

もちろん、スポーツ選手だけでなく

一般の人でも起こりえる怪我の一つなんですよ!

 

 

・階段を下りている途中で

・路上の石を誤って踏んでしまう

・段差につまづいてとっさに逆足で踏ん張る瞬間

 

一般の方で多いのはご年配の方の階段での移動でしょうか。

 

 

足首の靭帯はどのくらいで治るものなの?

 

怪我の状態にもよりますが足首の炎症自体は

基本は3週間前後で治ります。

 

・微少損傷・・・約2週間

・部分断裂・・・約3週間

完全断裂・・・約6~8週間

 

 

完全に断裂してしまった場合はひどく腫れて、疼痛が生じます。

何よりも歩くことができなくなる可能性があるんです。

 

時間が経てば炎症は収まり痛みも引いてきますが

靭帯というのは再生能力が無い・・・

一度切れると自然に元に戻ることは無いんです。

 

痛みが引いたとしても靭帯損傷の影響

足がグラグラと不安定になってしまうので

ちょっとしたことで再度捻ってしまい

 

足首の捻挫を繰り返してしまうことに!

 

クセになってしまうんです。

 

捻挫だけで済めばまだしも状況によっては

筋肉や骨まで傷めてしまうことにもなるかもしれません。

 

最悪の場合は手術をすることにもなり得ます・・・

 

 

軽い捻挫だと油断して甘く見てると大変なことに

 

 

若い頃に足首の捻挫を経験した人が、

歳をとり原因不明で足首に不調をきたす事例があります。

 

特に腫れや痛みを伴う症状の場合は

確実に靭帯が損傷しております。

 

 

放っておいたら治った!

 

 

確かにそうだったのかもしれませんが

それは炎症による痛みが引いただけであり

靭帯が治ったわけではありません!

 

若い頃周りの筋肉が足首を支える役割も担ってくれます。

しかし、加齢により筋肉が落ちてくると支えきれなくなり

足首がグラついてくる可能性があるんです。

 

先ほどもお伝えしましたが、靭帯には再生能力がありません。

ねんざで靭帯を損傷をしたとしても再生はしないため

損傷したままの状態になっております。

 

ねんざを繰り返して足首が曲がってしまった

当院の患者さんの例をご紹介いたします。

 

・治療

靭帯損傷により

足首がグラグラして不安定な状態になっています。

 

 

え?じゃあ靭帯を損傷したら

歳を取ると歩けなくなるの

 

 

ご安心下さい!そんなことはございません!

 

整体にて治療することにより

歩くことが可能な状態に戻すことが可能です!

 

 

・治療

 

靭帯が損傷していたとしても一番大切なことは

 

かかとの骨の位置を戻す

 

ことなんです!

 

あまり無理はできませんが安定して歩くことができます

 

 

治療を受けても首の痛み肩こり腰痛

痛みがとれない方はもしかすると、

足首の問題かもしれません。

 

どなたかに後ろから自分の足の写真をとってもらって下さい。

 

もしもこのような歪みがある場合は

少なからず原因になっております

 

 

Sponsored Link

 

 

足首の不調を知らせるサインの見方があります

 

一度、足首の捻挫をしたことがある方

ぜひ今すぐチェックしてみて下さい。

 

 

いつも外出する時に履く靴底を見て下さい!

 

 

特にかかとのすり減り具合はどうでしょうか?

 

 

靴底の減り具合が左右対称であれば問題ありません

もしも、どちらか一方がすり減っている場合

足首や足関節が不調をきたしているサインの可能性があります!

 

 

足首を捻挫した時はどうするの?予防方法は?

 

捻挫をした時の状態にもよりますが

まずはRICE処置を行って下さい。

 ➡ ケガは応急処置の仕方で早く治る?RICE処置ってなに?

 

その後、整形外科や整体など診察を受けた方が良いと思います。

 

 

怪我の直後はとにかく安静に

 

 

おそらく腫れあがって痛みもあり、

動くことが困難だと思います。

 

動け!という方が無理であり安静にせざるを得ないと思いますが

たまに無茶を承知で動かれる方もおります。

 

治癒が遅くなるばかりか悪化してしまうケースもありますので

安静におとなしくしていましょう。

 

ヒマが苦痛で耐えられない方「寝る」ことをオススメします。

とことん眠って下さい。

 

寝ることにより自然治癒力もあがりますし、

時間もいつの間にか過ぎますよ

 

 

足首捻挫の予防方法はあるの?

 

 

一度足首を痛めたことがあり

予防したいという方には腓骨筋群(ひこつきんぐん)

鍛えることが予防に繋がります。

 

筋肉をつけることで靭帯をカバーする役割があります。

 

特にご年配の方筋肉が落ちている方も多いため

再度の捻挫や、変形性足関節症予防効果もあるんですよ!

 

腓骨筋群の鍛え方

 

腓骨筋群という筋肉はどこにあるかご存知ですか?

 

足首の捻挫だけに足首の筋肉?

 

 

そう思いがちですが違います(笑)

 

すねの横(外側)の筋肉たちのことを言います。

 

簡単に説明すると立っている状態でかかとを浮かすだけ

なのですが、実際にやるとかなり筋肉に負荷がかかります。

 

まずコインを2枚ご用意ください。

無くてもできますが、まずはどこを重心として立つのかを

意識する必要があります。

 

 

 → 

足の裏、親指の付け根部分の下にコインが来るようにします。

 

 

 → 

そのままの姿勢から壁などによりかかりながら

かかとを上にあげます。

 

 

  

かかとを上に上げてキープするだけです。どの程度やるかは個人差があると思います。

慣れないうちはかかとを上げ下げするだけでも鍛えれると思います。

慣れてきたらかかとを上げた状態でキープできるといいですね。

 

ポイントかかとをあげている際に足の小指を浮かせることです。

こうすることで腓骨筋群に負荷がかかり効果的です。

 

ただし、重心が後ろにあるとふくらはぎに負荷がかかりがちです。

壁にもたれた状態で行えばすねの横(外側)に負荷がかかります。

 

どこを鍛えているのか意識しないと意味がありませんので

ご注意下さい。

 

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

 

足首から下が原因で身体のゆがみが決まる?全ては足だった?

ケガは応急処置の仕方で早く治る?RICE処置ってなに?

転倒や事故なぜか足がつまづく理由は病気?メカノレセプターとは?

ゴルフの石川遼も腰痛で悩んでいる?原因や改善方法はある?

ハイヒールでヒザや腰が痛い理由は?身体にやさしい歩き方?

 

いかがでしたでしょうか?

 

歩けるということはとても素晴らしいことです。

その為の足首の靭帯はとても大事なんですね。

軽い捻挫だとしても将来的にトラブルが起きることがありますので

確実に診てもらうことをオススメします。

 

・足関節外側靭帯損傷とは足首の外側の靭帯に損傷が起こること

・だいたい完治までに3週間前後かかる

・捻挫を軽くみていると老後に足首トラブルが発生することも

 

身体の痛みや悩み、記事を読んでのご相談など気になられた方は

お気軽にご連絡下さい!

たきろく整体院に相談してみる ← クリックで電話します。

たきろく整体院に興味をお持ちの方はコチラ

 

 


コメントを残す